長瀬

横浜家系 教道家のつけ麺を食べてみた

近大のそばにある横浜家系のラーメン店「教道家」に行ってきました(^^)
よく行列ができる学生に大人気のお店です。

横浜家系といえば、ご飯がついてきておかわりもOKというのが特徴ですね♪
教道家でも、ご飯が付いてきておかわりOKです。

注文時には、麺の固さ、味(醤油)の濃さ、油(鶏油)の量を選べます。

今回は、通常のラーメンでは無く、興味本位でつけ麺を選んでみました。
麺は固め、味は普通、油多めで注文♪

先に白ご飯が運ばれてきました。
カウンターには、キュウリの漬け物もあるので、それでご飯をいただけます。
あとは、白ごまをかけて食べるのも良しですね!

いよいよ本命のつけ麺です(^^)
スープは通常のラーメンと違って、ピリ辛テイストでした。
酸味もあって、思ってたのとはちょっと違いましたが、これはこれでアリかも。

海苔をスープに浸してご飯を巻いて食べたり、ご飯にスープをかけて食べたり、いろんな楽しみ方ができるのも良いですね♪

教道家ラーメン / 長瀬駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

赤鬼ラーメンの辛さはいかに?

近畿大学の近くに、この春、ラーメン赤鬼がオープンしました(^^)
店頭に出ていた赤色のスープのラーメンの写真が気になって入店♪

店内は、カウンターが数席とテーブル席が一卓というこぢんまりした感じ。
券売機で赤鬼ラーメンの食券を買って、カウンター席に座り、食券を店員さんに渡しました。

メニューは、赤鬼ラーメンの他に、とうがらしラーメンやペペロン油そば、鶏塩ラーメン、サイドメニューに鶏ラー油飯や鶏の辛揚げもありました。

飲み物もいろいろあって、夜、軽く飲みに立ち寄るのもいいかもしれません(^^)

赤鬼ラーメンの辛さは、通常から50倍まで選べるようで、気になる所です。

しばらくすると、赤鬼ラーメンが運ばれてきました。
紙エプロンを使うかと聞いてくれるので、親切ですね♪

まず、スープを味わってみると、コクのあるうま味が感じられ、たんなる辛みだけじゃ無いなぁと思いました。
麺は細めのストレート麺でしっかりしています。
Wスープがベースになっているというとおり、それがうまく活かされてますね~!
辛さは、めちゃくちゃ辛いというわけでもないんですが、しっかり辛みがあって、これからの夏、汗をかきながら食べるのに、とても良さそうな感じでした。
ココイチの辛さで言えば、3辛くらいでしょうか。
トッピングには、煮卵と肉厚の鶏肉が入っていて、ぷりっとした食感と鶏肉のしっかりした味わいがあって、美味しかったです(^^)

次は、ベースの鶏の味を味わうために鶏塩ラーメンにするか、ペペロン油そばも気になる所です♪

ラーメン 赤鬼 近大前店ラーメン / 長瀬駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3